お気軽にお問い合わせください 電話番号075-221-4775

〒604-8032
京都市中京区西木屋町六角下ル山崎町258

MAP
京阪祇園四条、阪急河原町駅 徒歩7分

京都府京都市中京区 婦人科 避妊 性感染症 性病 中絶|保科医院

HOME

STD(性感染症)

避妊・妊娠検査

人口中絶

料金案内

相談掲示板

AIDS(後天性免疫不全症候群)

HOME»  STD(性感染症)»  AIDS(後天性免疫不全症候群)

AIDS(後天性免疫不全症候群)について

原因

HIV(ヒト免疫不全ウイルス)によって起こる病気で日本では薬害として有名ですが、性行為による感染も増えてきています。

感染経路

  • 性行為
  • 母子感染
  • 注射のまわし打ちでも感染します。

潜伏期間

発病するまでに8年から11年かかります。

症状

免疫とは・・・身体の中の抵抗力を言い、何か細菌が入ってきたときにそれを殺したり、がん細胞が出来たときにそれを消してくれる力のことです。

免疫不全とは・・・そのような身体の抵抗力が弱くなってしまうことで、細菌がどんどん増えたり、癌細胞の増加を抑えることが出来なくなってしまうことです。

HIVに感染することで免疫不全になりいろいろな病気(感染症やガン)になるのがAIDSです。

検査方法

血液検査
感染してから2ヶ月以上たたないと分かりません。今日感染したかどうか心配なら2ヶ月先に検査をしないと感染したかどうか分かりません。

治療方法

いくつかの薬を使うことで発病を遅らせることが出来るようになってきましたが完全な治療薬はまだありません。

PAGE TOP