お気軽にお問い合わせください 電話番号075-221-4775

〒604-8032
京都市中京区西木屋町六角下ル山崎町258

MAP
京阪祇園四条、阪急河原町駅 徒歩7分

京都府京都市中京区 婦人科 避妊 性感染症 性病 中絶|保科医院

HOME

STD(性感染症)

避妊・妊娠検査

人口中絶

料金案内

相談掲示板

尖圭コンジローマ

HOME»  STD(性感染症)»  尖圭コンジローマ

尖圭コンジローマ

原因

HPV(ヒトパピロ-マウイルス)が性行為などで感染する病気でHPVにはいくつものタイプがあり、タイプにより性器がんの発生との関連があることから最近注目されています。コンジロームがない人でも男女とも約20%にHPVがいます。

感染経路

  • 性行為
  • 梅毒の皮膚病変のある口で舐められたり、手で触られたりしてもうつることがあります。
  • 母子感染もありますが妊娠初期に治療すれば赤ちゃんに感染しません。
  • 注射のまわし打ちでも感染します。

症状


尖圭コンジローム
性器、肛門周囲にイボができ、進行するとたくさんのイボがかたまってカリフラワー状になります。
性器、肛門周囲以外(口など)に出来ることはまずありません。
治療してイボを取っても何回も再発することが多い病気です。

治療方法

外科的に切除、レーザー、電気焼灼、冷凍、でイボをとります。
ポドフィリンと言う薬や5FU(皮膚がんの薬)を塗る治療もあります。

※再発率の高い病気なので何回も治療が必要になることが多いです。

PAGE TOP