お気軽にお問い合わせください 電話番号075-221-4775

〒604-8032
京都市中京区西木屋町六角下ル山崎町258

MAP
京阪祇園四条、阪急河原町駅 徒歩7分

京都府京都市中京区 婦人科 避妊 性感染症 性病 中絶|保科医院

HOME

STD(性感染症)

避妊・妊娠検査

人口中絶

料金案内

相談掲示板

淋菌感染症(淋病)

HOME»  STD(性感染症)»  淋菌感染症(淋病)

淋菌感染症(淋病)について

原因

淋菌と言う細菌による性感染症で、梅毒と伴に昔から有名な性病です。

感染経路

口も含めて、ほとんどが性行為で感染します。

潜伏期間

2~7日間

症状

女性
黄色い帯下の増加、排尿時痛、排尿時違和感を覚えます。また子宮内膜炎を起こすと下腹痛を感じますが症状がない場合もあります。
男性
淋病性尿道病
初めての感染時は症状が強く排尿時にかなりの痛みがあります。また尿道をしぼると黄色い膿が出てきます。何回もかかっているうちに症状は軽くなっていきます。
咽頭
症状はめったに無く、あっても軽い風邪の様にのどがイガイガする程度です。キスでうつる事はまずありませんが、フェラチオでうすことがあります。
 

保菌者

淋菌が感染した男性の10人に1人が無症状の保菌者になります。
咽頭の感染者はほとんどの人が無症状です。

検査方法

顕微鏡検査
その場で分かりますがある程度以上の細菌の数が必要です。
培養検査
比較的少ない細菌の数でも分かりますが日にちがかかります。(4~5日)
DNA検査(抗原検査)
極少量の細菌でも診断出来ますが、日にちがかかります。(4~5日)咽頭の淋菌検査には最も役に立ちます。

治療方法

内服
4~7日
注射
1回
10%の人は1回の治療では治りません(耐性菌)
PAGE TOP